外国人は賃貸の保証人をたてられない?

ここでは外国人が日本で賃貸物件を借りる際のルールの違いや保証人探しのポイントについて解説しています。

外国人が日本で賃貸の保証人を探すのは困難

外国人の方が、日本で賃貸物件を借りるのは非常に困難です。まずはルールの違いを理解することから始めましょう。

海外と日本では賃貸ルールの違いがある

外国人の方が日本で賃貸物件を借りる際に注意しなければならないのは、海外にはない独特な慣習があること。敷金・礼金は日本の賃貸物件にはほぼ必ずと言っていいほどありますが、国によってはないところもあります。そうした国から来られる方は気をつけましょう。

また、貸主にとって契約が続いて利益につながるのに「更新料」が発生するというのも外国人にとっては理解しがたい制度といえます。敷金に関しても海外では全額返還されることも多いのですが、日本では清掃費や原状回復費を敷金から一方的に差し引くのが一般的です。

外国人の保証人探しは障壁が多い

保証人も海外にはあまりない制度で、外国人が賃貸契約をする際の大きな障壁になっています。賃貸の保証人は「日本人であること」と「一定の収入があること」が要件で、親族が海外にいることがほとんどの外国人は保証人を見つけるのが難しくなっています。

知人くらいの関係性では断られることも多いため、ビジネスで日本にいる場合は会社や上司などに相談してみましょう。留学生の場合は、自分で探すよりも学校に事情を話して、自分にとって最善の方法を見つけるのがよいでしょう。

外国人サポートをしている家賃保証会社

日本で保証人が見つからない場合、「家賃保証会社」を利用するのが一般的です。近年、保証会社では外国人の賃貸契約を積極的にサポートするところも出てきています。以下で外国人のサポートに優れた会社を紹介しています。困ったときは相談してみましょう。

全保連株式会社

全保連HPキャプチャ

引用元HP:全保連公式HP
https://www.zenhoren.jp/profile/

外国人専用の家賃保証システム「SUMAU-すまう-」を提供。外国人の生活総合支援をしているグローバルトラストネットワークス(GTN)と協業し、家賃債務保証だけでなく、日本特有の不動産慣習や生活習慣、言語に対する不安を解消するサポートもおこなっています。

外国人サポートについて
公式HPで見る

ジャパンハウジングトラスト

全保連HPキャプチャ

引用元HP:ジャパンハウジングトラスト公式HP
http://jhtrust.co.jp/

外国人専用の賃貸保証会社です。保証委託契約書を締結し、保証委託料を不動産会社に支払えば簡単に手続きが完了。設備が故障した際の対応やゴミの出し方、家賃の支払い方法など入居後の生活全般のサポートも行っています。

外国人サポートについて
公式HPで見る

ほっと保証

全保連HPキャプチャ

引用元HP:ほっと保証公式HP
https://hothosyou.co.jp/international/

一般的な家賃保証会社ですが、国際サポートを専門に行う事業部があります。自社内に外国籍スタッフが在籍しており、不動産会社とのやり取り支援やオプションで賃貸借契約書等の翻訳から契約時の通訳まで対応します。

外国人サポートについて
公式HPで見る