保証人代行に賃貸の保証人を頼む

ここでは保証人代行に賃貸の保証人を頼む場合の注意点や体験談についてまとめました。また、家賃保証会社利用のメリットについても紹介しています。

家賃保証会社に保証人を頼む場合の注意点

家賃保証会社とは賃貸物件の借主が家賃を滞納した場合に、貸主に対して立て替え払いをする会社で、借主にとっては保証料を支払うことで連帯保証人の代わりになってもらう会社という位置づけになります。何らかの事情で連帯保証人が見つからない方にとっては大変ありがたいサービスですね。

最近では連帯保証人を立てることができても、家賃保証会社を利用することが契約の条件となっている場合もあります。サービスの内容を理解して、自分の希望の物件と照らし合わせて考えてみましょう。

家賃保証会社に保証人を頼んだ体験談

  • 私はフリーランスで仕事をしているのですが、社会的信用度は低く、年収も高いとは言えないため、一人暮らしのためのアパート探しの際に最も不安だったのが入居審査に通るかということでした。
    希望していた物件は保証人不要の代わりに家賃保証会社の利用が必須で、当然ながら審査に通らなければ契約も引越しもできません。フリーランスは審査に通りにくいと聞いていたため、前年の確定申告書のコピーや銀行の通帳を用意しました。
    その結果、不動産会社から審査が通ったという連絡をいただけました。理由は教えてもらえませんでしたが、おそらく家賃保証会社を即利用したのがよかったのかなと思っています。

家賃保証会社のメリット

家賃保証会社を利用する最大のメリットは、借主(入居者)が連帯保証人を立てることができなくても、入居審査に通りやすくなることです。また家賃の滞納時には保証会社から家賃の支払いがされるので貸主(オーナー)にとってもメリットがあります。

以前は、連帯保証人がいない場合は賃貸契約を結ぶことができなくなり、借主の親類も含めて年金収入だけの高齢者ばかりだと引越し自体が難しくなることがありました。現状は家賃保証会社のサービスの充実化により、どんな事情の方でも部屋が借りやすくなってきたといえます。

またフリーランスやアルバイト職など収入が不安定で、入居審査が通りにくかった人も、家賃保証会社の審査が通れば賃貸契約が可能になり、支払能力の範囲内であれば好きな物件を選ぶことができるようになってきました。保証人でお困りの方や、事情があって審査が通りづらいという方も、あきらめずにまずは家賃保証会社の利用を考えてみるとよいかもしれません。