両親に賃貸の保証人を頼む

ここでは両親に賃貸の保証人を頼む場合の注意点や体験談についてまとめました。また、その他の方法についても紹介しています。

両親に保証人を頼む場合の注意点

賃貸の契約で両親に保証人を頼むというのは最も一般的な流れと言えるでしょう。連帯保証人の場合は承諾書に署名・捺印をするだけでなく、保証人の収入証明や住民票、印鑑証明の提出を求められる場合があります。

注意したいのは親であっても年金生活者で所有する不動産もないなど資力に不安がある場合です。現役で働いていて安定収入があれば問題はありませんが、高齢で収入が少ない場合は審査に落ちてしまうことも考えられます。

両親に保証人を頼んだ体験談

  • 私はすでに30代になりましたが、学生の頃から賃貸の保証人は当然のように親に頼んでいます。実家が遠方にあるため収入証明が必要になった時に書類を送ってもらうのが面倒ですが特に問題ありません。
  • バイクのローンの時もそうでしたが、保証人をお願いするのはいつも親です。他に頼めそうな人もいないですし、他の人に頼むとかはこれまであまり深く考えたことが無かったです。
  • 大家さんから親が定年でも大丈夫と言われたので、敷金・礼金、引越し代も自分で出すという条件で親に保証人をお願いしたのですが断られてしまいました。私は一人っ子で兄弟がいないので親しか頼ることができません。せっかく良いマンションが見つかったのに困っています。

両親以外に保証人をお願いする方法

日本ではよく「保証人にはなってはいけない!」と言われることが多いので、友人・知人などにお願いしても断られるケースが多いかもしれません。また何かトラブルがあった時に関係が壊れてしまうこともあるので、できれば避けたいところです。

両親以外で保証人を頼みやすいのは兄弟などの親族ですが、本人がよいと思っていても家族に反対されて断られることがあります。そこでおすすめなのが、人間関係を気にしなくて済む家賃保証会社の利用です。

最近では貸主の希望もあって、家賃保証会社を利用することが賃貸契約をする際の条件になっていることもあります。多少お金はかかってしまいますが、両親や近しい方にも保証人の依頼をすることが難しい場合は検討してみてください。