賃貸を借りるのに保証人はなぜ必要?

ここでは賃貸契約における保証人の必要性について解説。家賃保証会社を使用についても説明しています。

賃貸における保証人の必要性について

賃貸契約をする場合は責任が重い連帯保証人が求められます。また定収入がある3親等以内の親族が原則など、条件も厳しくなっています。なぜ多額の借金をするわけでもないのに連帯保証人が必要なのでしょうか。

その理由は貸主にとってリスクが高いからです。借主が家賃を長く滞納しても、貸主側が一方的に即時退去を命じることはできません。その場合、回収できる可能性が低くなるためリスクを担保するため連帯保証人が必要になるのです。

保証人がいない場合はどうなる?

賃貸の保証人を依頼する場合に両親が高齢で収入が低かったり、その他の親族にお願いして断られるなどすると保証人が見つかりません。そうした時は保証人なしの物件を探すことになります。

保証人が不要の物件としてはUR賃貸住宅がよく知られていますが、入居するためには貯蓄や収入が一定の基準に達していることが条件となり、更新料もない代わりに月々の家賃が相場より高めに設定されていることがあります。

近年、保証人なしの物件のほとんどは家賃保証会社を利用しています。保証会社が連帯保証人の代わりになるので、保証人がいなくても賃貸契約ができるからです。この他に一部の不動産会社ではクレジットカード契約での保証も採用しています。

家賃保証会社を使用してみよう

以前は保証人が見つからないと部屋が借りられないということもありましたが、今では家賃保証会社の利用が浸透してきているため、保証人がいない場合でも通常の物件が問題なく借りられるようになっています。

借主にとってのデメリットは保証料がかかることですが、毎月支払いが発生する性質のものではなく家賃より低い金額なので、保証人を見つけて必要書類を揃えてもらう手間を考えれば、むしろ安いと感じる人も多いはずです。

また、保証人の必要性という点に立ち戻って考えると、貸主にとって面識もなく正体がよくわからない保証人を立てられるよりも、家賃保証会社を利用した方が安心です。そのため借主と貸主双方にメリットがあるのです。