HOME » そもそも家賃保証とは » 家賃保証の仕組みと契約方法

家賃保証の仕組みと契約方法

家賃保証システムの仕組みや契約・手続き方法について解説しています。

家賃保証システムってどんな仕組みなの?

家賃保証システムとは、賃貸住宅の契約をする際に家賃保証会社が借主の連帯保証人を代行するサービスのこと。

借主は保証会社の間で保証委託契約を締結し、借主が何らかの理由で家賃が支払えなかった場合に、保証会社が借主に代わりに家賃を立て替えて家主に支払う仕組みです。

保険ではないので、借主は立て替え払いされた家賃料を後日、保証会社に支払わなければなりません。

借主が家賃保証システムを利用する際には、家賃保証会社の審査があり、審査が通ったら決められた保証料を支払うことで契約が成立します。

借主にとっては「賃貸契約時に連帯保証人が見つからない」「頼みづらい」といった事情がある場合でも、家賃保証会社が代行してくれるため安心です。

家主にとっても、家賃滞納リスクが無くなり、仮に契約解除訴訟が起きた場合でも、それらの費用が保証されるので、安心して賃貸業を営むことができます。

不動産会社や管理会社で契約手続き

借主は、家賃保証システムを利用するために家賃保証会社と契約を結ぶことになります。しかし、賃貸住宅の仲介をしている不動産会社や管理会社が代理店となっていることが多いため、わざわざ借主自らが家賃保証会社に足を運ぶ必要はないでしょう。

審査に必要な本人確認書や収入証明書などの種類を事前に提出し、審査でOKとなった段階で保証料を支払い、契約書にサインをするという流れになります。

審査は早ければ1~2時間で結果が出るため、賃貸契約の手続きをする中で終了する場合もあります。なお法人契約の場合は決算書や事業契約書を求められることもあるので、事前に必要書類を確認しておいた方がよいでしょう。

また信販会社系の保証会社の場合は、クレジットカードを作成して家賃の口座自動引き落としが条件となることがあるので注意が必要です。

現状、契約先の家賃保証会社は、家主が指定していたり、不動産会社や管理会社の提携先の会社というケースが多いです。が、何も決められた会社と契約しなければならないルールはありません。

借主が希望する保証会社を選ぶこともできるのです。

以前に利用したことがあるので安心だったり、気になる家賃保証会社がある場合は、ぜひ提案してみてはいかがでしょうか。

>>入居者にもメリットがある家賃保証会社はこちら

オーナーに有利なのはどこ?家賃保証会社を徹底比較

比較結果を見る

ページの先頭へ

トップページ | サイトマップ

【免責事項】

このサイトは「家賃トラブルを未然に防ぐ!家賃保証会社紹介サイト」編集部が独自に調査した情報(2016年7月時点)をもとに構成したサイトです。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご確認ください。