HOME » 家賃保証に関するQ&A

家賃保証に関するQ&A

家賃保証システムは、まだまだ新しい分野。大家さんも入居者も、わからないことがたくさんあると思います。以下ではよく疑問に思われることを集め、Q&A形式で解説しています。

ここが知りたい!家賃保証に関するQ&A

家賃保証について大まかなことはわかっているけど、似たようなサービスがあって違いがよくわからない、噂で聞いた話は本当なのか?といった疑問を解消するための答えを用意しました。

Q.サブリースとの違いとは?

A.サブリースとは不動産・管理会社が賃借人として物件の一括借り上げを行い、それを第三者に転貸することを言います。入居者の滞納あるなしに関わらず不動産・管理会社から必ず家賃が支払われます。

家賃保証システムは転貸しないので賃貸借契約の相手は直接入居者です。家賃保証会社が保証人の代理となって入居者が家賃を滞納してしまった場合に立替払いをするので家主には安定した家賃収入が約束されます。

>>家賃保証とサブリースの違いをもっと詳しく

Q.信販会社とどう違う?

A.信販会社とはいわゆるクレジットカードを発行しているような会社のことです。こうした会社も家賃保証サービスを行なっていて同じように見えますが、実は審査基準が違います。

審査ではクレジットカードを所有できるかどうかが判断基準となり、JICCやCICといった信用情報を利用します。しかし最近ではこれが問題視されており入居審査の際にクレジットカードの同時申し込みをしなければ信用情報は利用しないとされています。

>>信販系の家賃保証会社についてもっと詳しく

Q.審査に落ちた場合はどうすればいい?

A.審査には不動産業者のみの場合と保証会社が行う場合とで事情は異なります。不動産業者のみの場合は申込書に記載されたデータと担当者の人物評価でほぼ結果が出ますが、保証会社の審査では支払い能力の有無に重点が置かれ、場合によっては過去の滞納情報も調べられます。

保証会社で落ちる理由の多くは収入に見合わない家賃の高い物件を選んでいるからです。家賃保証会社すべてがつながっているわけではなく審査基準もそれぞれ異なりますので、あきらめずに別の会社を受けてみるのもよいでしょう。

>>入居審査の基準や落ちた場合の対策法をもっと詳しく

Q.取り立ては厳しい?

A.家賃保証はまだ歴史が浅く、賃金業のように規制する法律もなく監督官庁もないことから一部の会社で悪質な取り立てや執拗な督促等を行なっていることがあるようです。

最近は多くの家賃保証会社が加盟する業界団体が自主規制ルールを設けて健全化を図っています。行き過ぎた取り立てを回避するためにはもちろん家賃を滞納しないのが一番ですが、LICCやLGOといった業界団体に所属する家賃保証会社を選ぶことをおすすめします。

>>家賃保証会社の取り立てについてもっと詳しく

Q.家賃保証会社の強制退去は違法?

A.強制退去というのは弁護士等の有資格者が貸主の代理となっていくつかの手続きを行なった上でなければ実行はできません。したがって家賃保証会社から強制退去を迫られたというのは法律に触れる可能性があります。

もし家賃保証会社が家主の代理権を得ていると主張しても、入居者を強制退去させる権限までは持っていません。実績があって優良な家賃保証会社を見つけるのが一番です。

>>トラブルのもと?家賃保証会社の立ち退き交渉についてもっと詳しく

オーナーに有利なのはどこ?家賃保証会社を徹底比較

比較結果を見る

ページの先頭へ

トップページ | サイトマップ

【免責事項】

このサイトは「家賃トラブルを未然に防ぐ!家賃保証会社紹介サイト」編集部が独自に調査した情報(2016年7月時点)をもとに構成したサイトです。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご確認ください。