HOME » 家賃保証に関するQ&A » 取り立ては厳しい?

取り立ては厳しい?

家賃保証会社には、滞納家賃の取り立てや督促が怖いイメージがありますよね。もちろん滞納する方が悪いのですが、取り立て時の言葉遣いや態度、また連絡の頻度だったりとその実態はかなり怪しい…。そんな家賃保証会社の取り立てや督促の実態を調査しました。あわせて信頼できる安心の家賃保証会社の選び方をご紹介します。

家賃保証会社の行き過ぎた取り立て事例

家賃保証会社は取り立てが厳しくて怖いというイメージを持つ人が多くいます。これはマスコミ報道の影響もありますが、家賃保証会社には貸金業のように規制する法律も監督官庁もないため一部の会社では悪質な取り立て・執拗な督促を行なっているところがあるようです。

<Case.1>C社の従業員は家賃を滞納している男性Oさんの家に午後9時から午前1時まで居座り、5万円の家賃の支払いを要求。その際に無断で財布の中身や携帯電話を覗いたり、3日以内に支払わなければ子供の学校に行くなどと言って脅しました。その後、男性は長時間支払いを強要されたとして訴えを起こし、裁判でこの従業員の午後9時以降の取り立てが不法行為と認定され慰謝料等の支払いを命じられました。
<Case.2>Aさんは諸々の事情で家賃を延滞してしまいましたが、その途端に家賃保証会社Kから1日数十回の脅しに近い電話が来るようになりました。留守電にも督促のメッセージがあり、朝昼関係なく住んでいるマンションまできて数人から取り囲まれたこともありました。
<Case.3>男性Bさんは滞納家賃の支払督促をI社から受けていましたが、ある日男性が住む共同住宅の玄関ドアに督促状と書かれたA4サイズの紙が見えるように貼り付けられていました。後にこの行為は社会通念上相当とされる制限を超える違法な取り立て行為だと認定され、裁判で損害賠償を命じられました。

健全化のための自主規制ルールも策定

悪質な取り立て行為で裁判まで発展してしまっている事態に対して、業界全体として黙って見過ごしているわけではありません。

数多くの家賃保証会社が加盟する「一般社団法人全国賃貸保証業協会(LICC)」では、賃貸保証制度健全化のための自主ルールを策定。業務適正化のために会員企業に遵守を求めています。

同様に「公益財団法人日本賃貸住宅管理協会」「家賃債務保証事業者協議会」は自主ルールの作成・遵守を目的に活動しており、悪質な取り立てを抑制して健全化を図っています。

また「一般社団法人賃貸保証機構(LGO)」でも、強引な取り立て行為を防ぐための自主規制ルールを会員企業に設定し、きちんと守られているかどうかを監視。違反企業に対しては是正措置も講じられています。

家賃保証会社は取り立てが怖そうで、なかなか利用に踏み切れないという場合は、ここで紹介した業界団体に加盟している会社を選んでおけば安心です。

オーナーに有利なのはどこ?家賃保証会社を徹底比較

比較結果を見る

ページの先頭へ

トップページ | サイトマップ

【免責事項】

このサイトは「家賃トラブルを未然に防ぐ!家賃保証会社紹介サイト」編集部が独自に調査した情報(2016年7月時点)をもとに構成したサイトです。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご確認ください。