外国人向けの保証会社がおすすめ!

日本国内にはさまざまな保証会社がありますが、外国人利用者に特化して多言語のサービスやサポートを用意している保証会社もあります。

ここでは、外国人向けの保証会社を利用する際に得られるメリットについて詳しく紹介しています。

外国人向けの保証会社を使うメリットとは?

外国語ができなくても困らない

外国人利用者が日本で賃貸物件を借りる際、高い壁とされるものが言語です。しかし外国人向けの保証会社では、入居の相談から契約、さらには入居後のサポートまでをトータルで行っているところもあり、日本語や英語ができなくても困りません。

多言語対応のライフサポートなら、同じ言葉を話せるスタッフが仲介してくれるので安心。さらに深夜時間帯のトラブルに対応しているサポートサービスもあります。こちらは入居者だけでなく、オーナーや管理会社とも仲介し、より安全に賃貸契約を結びます。

外国人利用者のなかには、突然帰国しなければならなくなったり、電気やガスの使い方が分からないといったトラブルが少なくありません。そのような生活上の困りごとの解決はもちろん、ゴミの問題や騒音、近隣住民への注意などといった他の外国人とのトラブルにも対応してもらえます。

保証人に保証会社がなってくれる

日本で部屋を借りる際には保証人を立てて、万が一の賃料滞納などに備えなければなりません。

家族などの身近な方が近くにおらず、保証人を頼れない場合に、外国人向けの保証会社は心強い存在。日本に居住する際の難関のひとつである保証人問題を解決することができます。

外国人向けの保証会社は、個人と法人に合わせた不動産賃貸物件の仲介から社宅や学生寮の運営まで幅広く展開しているところもあり、保証人の代行も利用可能。外国からやってきた利用者が日本で部屋を借りる際に、外国人スタッフを介して部屋を借り受けることができます。

通常の保証会社では外国人へのサポートは行っていませんが、外国人向けの会社では言語サポートから万が一の保証代行までを行ってもらえるので、不安なく入居ができます。

家賃の滞納のリスクがなくなる

外国人利用者にとっては、保証人よりも保証会社のほうが頼りになる場合があります。

賃貸物件に入居しているあいだに、自分と保証人のどちらにも支払い能力がなくなってしまった場合、物件に住み続けることが難しくなってしまいます。しかし、保証会社を介しておけば適切な手順で保証代行が受けられます。