HOME » 家賃保証に関するQ&A » 審査に落ちた場合はどうすればいい?

審査に落ちた場合はどうすればいい?

入居審査に落ちた場合、どうすればいいのでしょうか?そもそも審査基準とはいったいどのようなものなのか?不動産業者や保証会社の審査基準と改善策をまとめました。

不動産業者と保証会社の審査基準の違い

保証会社を利用するしないに関わらず、賃貸借契約を結ぶ際には必ず入居審査があります。審査基準は不動産業者と保証会社では異なりますので、審査に通らなかった理由や対策もそれぞれ分けて考える必要があります。

不動産業者のみの審査

家賃保証会社を利用せずに不動産業者のみで審査が行われる場合は、家賃の滞納情報や個人の信用情報を参照して判断されることはほぼないでしょう。ほかの不動産業者に問い合わせをするといったことも、よほど特殊な事情がない限りはありません。

ではどこで判断しているのでしょうか?

それは、申込書に記載されたデータと不動産業者の人物評価。会社の就職面接のようなイメージで考えるとわかりやすいかもしれません。

もし審査に落ちてしまったら、担当者に怪しい・信用できないと思われたことが原因と考えられます。

保証会社の審査

保証会社の審査を受ける場合は不動産業者の評価も加味されますが、保証会社の審査結果が優先されます。

保証会社で確認するのは、支払い能力(「家賃をきちんと払えるか」)です。

同じ加盟団体に属する保証会社同士が情報交換をすることはありますが、独自審査を行なっていることも多く、すべての保証会社がつながっているわけではありません。

審査に落ちてしまったという場合は「収入に対して家賃が高過ぎる」ケースが多くなっています。また過去に家賃の滞納をしたことがあったり、債務整理していると落とされることもあります。

審査に通りやすくなる方法はある?

審査に通るための確実な方法というのは存在しませんが、やったおいた方がよいということはあります。

不動産業者のみの審査の場合は、身なりや態度で相手に悪い印象を与えないことが重要になります。わざわざスーツを着ていく必要はありませんが、清潔感のある服装でしっかりとした受け答えをするよう心がけます。

1つの不動産業者で審査が通らなかったとしても、あきらめずに他社もあたってみるのがよいでしょう。

保証会社の審査を受ける場合は急に支払い能力を上げるということはできませんので、まず収入に見合った物件を探すことです。どうしても心配な場合は連帯保証人を付けることも考えた方がよいでしょう。

また保証会社から必ず本人確認の電話が入りますので、そこでの応対をしっかり行うことも重要です。保証会社によって審査基準は異なりますので落ちてしまったら別の会社を利用することも検討してみてください。

オーナーに有利なのはどこ?家賃保証会社を徹底比較

比較結果を見る

ページの先頭へ

トップページ | サイトマップ

【免責事項】

このサイトは「家賃トラブルを未然に防ぐ!家賃保証会社紹介サイト」編集部が独自に調査した情報(2016年7月時点)をもとに構成したサイトです。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご確認ください。