HOME » 家賃保証に関するQ&A » サブリースとの違いとは?

サブリースとの違いとは?

よくある疑問のひとつ・家賃保証サービスとサブリースの違いとは…?

サービスの違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説しています。

家賃保証とサブリースはどこが違う?

サブリースとは…

家主向けに家賃が保証される仕組みの一つにサブリース契約があります。これは不動産・管理会社が賃借人となって物件の一括借上げをして、それを入居者に転貸するものです。

家主にとっての賃貸契約の相手は不動産・管理会社となり、手数料・管理料を引いた毎月家賃の70%~90%程度の金額が必ず収入として入ってくることになります。

入居者が滞納した時だけでなく、空室になっている間も毎月一定額が入ってくるので、入居率を心配することなく安定した賃貸経営ができる仕組みと言えます。

家賃保証サービスとは…

家賃保証サービスとは、借主が家賃保証会社に保証料を支払って保証人の代理となってもらい、借主が家賃を滞納してしまった場合に保証会社が立替払いをしてくれるというものです。

家主の賃貸契約の相手は借主(入居者)になるわけですから、管理会社に手数料や管理料を取られることなく100%の家賃収入が入ってきます。ただし、空室を保証するものではないため空室が続けばその間の家賃収入はありません。

このように一口に家賃保証と言っても性質の全く異なる2つのサービスが存在することは把握しておいた方がよいでしょう。

家賃保証とサブリースのメリット・デメリット

家賃保証については家賃保証サービス(滞納保証)サブリース(一括借り上げ)があることは説明しましたが、それぞれメリットとデメリットがあるので整理しておきましょう。

家賃保証サービス(滞納保証)

【メリット】

  • 保証料は借主が払うので家主としての負担が少ない
  • 管理料等は発生しないので家賃収入は100%入ってくる
  • 保証するための審査があるので優良入居者が集まりやすい

【デメリット】

  • 空室の間の家賃に関しては保証されない
  • 契約時は借主(入居者)に金銭的な負担がかかる

サブリース(一括借り上げ)

【メリット】

  • 入居者の滞納や空室に関係なく一定額の家賃収入がある
  • 入居者対応や管理などを不動産・管理会社に任せられる

【デメリット】

  • 契約期間があり更新時に家賃値下げあるいは契約終了のリスクがある
  • 毎月管理料等がかかり、礼金・更新料は入ってこないので収益性が下がる
  • 悪質な業者の場合、物件の修繕義務で高額な費用を請求されることがある

オーナーに有利なのはどこ?家賃保証会社を徹底比較

比較結果を見る

ページの先頭へ

トップページ | サイトマップ

【免責事項】

このサイトは「家賃トラブルを未然に防ぐ!家賃保証会社紹介サイト」編集部が独自に調査した情報(2016年7月時点)をもとに構成したサイトです。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご確認ください。